未分類

チェリーカジノの違法性はどうなの?遊んでも逮捕されない?当サイトが徹底検証

チェリーカジノの違法性はどうなの?遊んでも逮捕されない?当サイトが徹底検証

この記事はオンラインカジノ初心者向けに、チェリーカジノの違法性について解説しています。

「興味はあるけど、怖くて登録しない」「納得してから判断したい」そんなあなたの約に立ちたいです。

オンラインカジノ初心者がまず最初に理解していないと駄目なのが違法性です。

しかし、私が「日本でプレイしても大丈夫ですよ~」と言っても信用できないと思うので、ここは信頼できるソースを交えながらチェリーカジノの違法性について学んできます。

チェリーカジノは違法?⇛合法です。日本ではプレイしても逮捕されない理由があるんです

日本にオンラインカジノの法律はないんです

日本でギャンブルをすれば賭博法によって裁かれるのはみんな知ってると思います。が、賭博法は100年以上前に制定された「賭け麻雀」や「賭け花札」を取り締まるための法律になります。

当たり前ですが、当時はインターネットも存在していないため「なら、インターネットを使った場合はどうなるか?」について対応していません。

オンラインカジノが違法か合法かについての見解は、ネット上は当然専門家(弁護士の間でも意見が別れているので自分で判断するのは難しいかと思われます。

しかし、チェリーカジノは日本でプレイしても逮捕されない理由というのは他の部分でもあるので、総合的な判断をしてみてください。

 

そもそも賭博法は胴元を取り締まるための法律で、プレイヤーの罪はあくまで付随的なものとなる。なので、刑法第186条第2項でプレイヤーは胴元と共に処罰されることが前提となっていて、胴元が処罰の対象ない場合、その対抗犯であるプレイヤーに賭博罪が成されないことになります。

つまり、賭博罪は胴元とプレイヤーがセットになってはじめて成立する犯罪。

チェリーカジノは海外の法律で正式にオンラインカジノを運営してるからプレイヤーには賭博罪が適用できない。と言うことです。

しかしながら法律が当てはめられないというのは、いささか強引な気が気がします。プレイヤーは日本で賭博をしてるのだから。

たしかに合法ではないのですが、違法にはできないという事です。うまく法律の網をくぐる脱法という行為です。

ただし、専門家の間では意見が割れてるので、自分で判断するのは難しいかもしれません。

しかし、チェリーカジノを日本でプレイしても逮捕されないというの他に理由があるので総じて判断してみてください。

インターネット上なので問題なし

日本の法律はインターネットができる前に制定されていて、実はネット上でも脱法行為というのは今や当たり前にあるので、日常に溶け込んでいるものもあります。

例えば、モザイクが無いエッチな動画を閲覧しても、動画が置かれているサーバーが海外に置かれている場合は国内法では罰することができません。また、海外サーバーから配信されている電子書籍にも消費税がかからないといった租税回避地(タックスヘイヴン)も国内法では罰せません。

カドカワ代表取締役の川上量生氏は、ネットには治外法権があり、完全に取り締まるのであれば、中国のような大規模なアクセス規制が必要とコメントしています(当時はドワンゴ代表取締役及び会長)。

ネットでは国境があいまいな現状については川上氏は「利用者が特に疑問をもたず「そういうものだ」と理解している」点や、今のままの状態でネットを使い続けた方が経済的に合理性ありと認識されている点を指摘しています。またネットは自由で、国境で規制されるべきでないとのイデオロギーが利用者間に定着している。

利用者は居住国の法律で、またサービス提供者はサーバーの所在地の法律で、それぞれ縛られる。この環境下で、グーグルのようにグローバルな巨大ネット企業が影響力を増している。このような状況が、ネットの「治外法権」を生み出していると分析している。

確かにオンラインカジノも日本人の日常に成りつつあります。

チェリーカジノでも日本からのアクセスが12万PV以上あるので、この日本でもオンラインカジノ産業がかなり進出しています。

摘発が物理的に不可能

現在の日本の警察は、海外サーバーへの捜査令状を取ることができません。つまり、オンラインカジノに個人情報のわかるアカウントIDや、賭け状況のわかるログファイルを開示させることができません。

政府機関、規制当局または執行機関に適用される法律または規制により要求がある場合は該当しませんが、現在の法律が変わらない限り、無理な話しです。もし、警察が日本のプレイヤーを取り締まるのであれば以下のような証拠を揃えないといけません。

  • プレイヤーのアカウント ID
  • 住所や名前などの個人情報
  • 入金経路
  • 入金金額
  • 賭けが行われた時間
  • 賭けた金額
  • 儲けた金額
  • 出金経路
  • 出金金額

まず、アカウントIDを調べることが不可能です。捜査令状のない警察がこれだけの証拠をそろえるのは物理的に無理に近いです。

サイバー犯罪というやつかもしれませんが、チェリーカジノのプレヤーを摘発するのはそんなに難しいのでしょうか?

難しいというより無理でしょう。個人としてネットに国民がアクセスしてチェリーカジノをプレイしても、技術的に管理、規制、取り締まる事は絶対的に不可能と言い切れます。

そもそも、検察は100%勝てる事件しか起訴しない

日本の検察が起訴した事件というのは、99.9%以上の確率で有罪となります。これだけ高い有罪率になる理由は、100%勝てる事件しか起訴しないからです。

つまりオンラインカジノのような合法・違法の判断が分かれる事件は、裁判の意思を示せばほぼ100%の起訴は取り下げられることになります。

検察が起訴をして無罪となれば警察と検察の責任ですが、逮捕しても起訴されないというのは警察の責任です。警察の威信を守るために起訴猶予(不起訴)というのが絶対的に無難な選択となるのです。

逮捕と起訴は違うのか?どう違うかよくわからないという人のために、通常「逮捕→起訴→裁判→判決」という流れになります。警察が逮捕しても検察が起訴するかどうか判断しますが、オンラインカジノは法律的にあいまいで警察がそろえる証拠も完全ではないのですので、万が一逮捕されても有罪にはならないという事になります。

つまり、検察が起訴できないのを警察も知ってるのでチェリーカジノのプレイヤーには手が出せません。

逮捕される?オンラインカジノの実情まとめ

  • 違法性はあるが、100年以上前に制定された賭博法ではオンラインカジノを犯罪として構成できない。
  • ネットを使った脱法行為はオンラインカジノ以外にもあり、それ全体を規制するのは現実的ではない。
  • 警察が証拠をそろえるのは物理的・技術的に不可能。
  • 検察は100%勝てる事件しか起訴しないので警察も手を出しづらい。

日本人も多くプレイしてるチェリーカジノ。この増えてしまった人を逮捕するのは現実的ではありません。

オンラインカジノはチェリーカジノ以外にみおあるんだけど、日本人の多いチェリーカジノなら安心してプレイできます。

逮捕事例からチェリーカジノの違法性を考察

チェリーカジノの違法性を語る上で知っておきたいのが、スマートライブカジノ事件。この業界では有名な話しなので、チェリーカジノをプレイする方は是非とも続きを読んでみてください。

スマートライブカジノ事件とは何でしょうか?日本人が逮捕されたとか?

2016年の話しですが、スマートライブカジノというオンラインカジノでプレイしてた日本人が逮捕された事件があります。

この事件について不安な人も多いと思うので徹底的に紹介したいと思います。

スマートライブカジノ事件について

2016年3月10日に、国内で初めてオンラインカジノの日本人プレイヤーが逮捕されました。

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。

逮捕容疑は2月18~26日、会員制カジノサイトに接続、カードゲームで現金計約22万円を賭けたとしている。3人は容疑を認め、「海外サイトなら大丈夫だと思った」と話している。

利用された「スマートライブカジノ」は、英国に拠点を置く登録制のオンラインカジノ。日本語版サイトが平成26年9月ごろに開設されたとみられる。クレジットカードや電子マネーを使って賭けや払い戻しができる仕組み。日本人女性がディーラーを務め、日本語でチャットをしながらブラックジャックやルーレットなどのゲームができる。

産経ニュース-ネットカジノ客の男3人を逮捕 海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用 京都府警

何故、海外のオンラインカジノでなぜ日本人プレイヤーは逮捕されたの?

「やっぱり逮捕されてる。チェリーカジノも危ないのでは?」

「摘発が物理的に無理の項目で話した通り、警察は証拠不十分でもっ無理やり逮捕することが可能

 

スマートライブカジノの事件は日本で初めてオンラインカジノプレイヤーが逮捕された事件だけど、オンラインカジノのサービスが開始(1994年)から25年間で、最初の事件でした」

25年の歴史の中で僅か1件。しかも、スマートライブカジノで遊んでいた日本人は他にもいたのに、この3人だけが逮捕されるのは明らかに異常だと思います。

この事件は、増えすぎてしまった日本人プレイヤーを抑制するために裁判になる前に略式起訴で有罪にしようと警察が無理やり逮捕した事件と考えられます。

略式起訴とは

通常、「逮捕→起訴→裁判」という流れになるのだが、100万円以下の罰金・科料に相当する事件の場合、裁判になる前に簡略化した略式手続きで処分をおわらせられる起訴の事。

「つまり?」

「検察が裁判で100%勝てそうにないと判断したので「罪を認めるのなら軽い罰金程度の刑で釈放してあげる」と持ちかけた。

これによって2人は略式起訴を受け入れ、逮捕を不服とした1人は略式起訴を受け入れず、裁判に持ち込もうとして、起訴は取り下げられた(無罪)んだ。」

警察は、検察が起訴しないことを理解したうえで3人を逮捕して、「略式起訴にすることで日本人プレヤーを抑制する」というシナリオを描いてたと考えたのです。

しかし、1人の起訴が取り下げられたことで「オンラインカジノは合法」という認識が広がることとなったのです。

「結局チェリーカジノは合法ですか?違法ですか?難しい事ばかりでよくわかりません」

「前にも言ったけど脱法です。違法性がないとは言えないけれど、逮捕はほぼ100%されない。万が一逮捕されたとしても起訴はされない、という認識で合っています」

何故3人だけが警察に目をつけられたのか?

「しかし、何故スマートライブカジノでこの3人だけ、逮捕されたのですか?他にも日本人カジノプレイヤーはいたんでしょ?」

「そうですね。チェリーカジノをプレイするうえで、理由は認識していたほうが良さそうです」

いくつか理由が語られてて、

  • 日本人限定のサービスだった
  • カジノの規模が小さかった
  • プレイヤー同士の賭け状況が見えた
  • ブログでプレイ履歴を公開していた

日本人限定・賭け状況が見えていたというのは、日本人ディーラーがいたライブカジノということです。日本語でチャットができたテーブルだったので、爆発的な人気を集めた事が警察に目をつけられたようです。

ただ、上の3つはカジノ側の話しであり、なぜ3人だけ、警察に目をつけられたのかというと「ブログでプレイ履歴を公開してたから」に他なりません。正しくは。プレイしてるスクリーンショットにアカウトIDが写っていたから目を付けられたのです。

現在もアカウントIDをが写ってるブログや動画を晒してる人も存在しているので、それだけの証拠では逮捕されないと思いますが、チェリーカジノでプレイする場合は気をつけた方が良いでしょう。

「スマートライブカジノのような事件は簡単には怒らないと思うけど、チェリ-カジノは警察に狙われたりするのでしょうか?」

「チェリーカジノは規模が大きいカジノだから、警察もそう簡単には手がだせないでしょう」

チェリーカジノの違法性と信頼性について

チェリーカジノの詳細はサイトの最下部に載っています。それでは、信頼できるサイトなのでしょうか?

チェリーカジノのゲーミングライセンスについて

オンラインカジノを運営するにはライセンスが必要です。チェリーカジノはマルタ共和国のライセンスを取得していて、運営会社のPlayCherry Limitedに記載されている。

マルタ共和国のライセンスは、ゲーミングライセンスの中でも取得が最も難しく、信頼できるライセンスです。これだけで、チェリーカジノが真っ当に運営されている事が伺えます。

運営会社の所在地とサーバーの所在地について

チェリーカジノの登記住所は 3rd Floor Spinola Park, Triq Mikiel Ang Borg, St.Julians, SPK1000, Malta。つまり国はマルタ共和国となっています。

サーバーはアメリカのアリゾナ州にあるので、運営会社・サーバー共に海外のカジノ合法国にあり、日本でプレイしても問題ありません。

チェリーカジノの違法性まとめ

いかがでしたか?この記事は事実だけしか載せてないので、チャリーカジノでプレイしても良いのか悪いのか判断する材料になれば良いと思います。